宅建を学ぶ方へ捧げる宅建 NAVI。全ては宅建 試験に合格するために!サイトマップ

宅建 NAVI > 宅建学校ランキング > e-learningで学ぶならこの2つ!

宅建学校ランキング

e-learningで学ぶならこの2つ!

e-learningとは、パソコンを使った自学自習スタイルの勉強法を指します。

これは通信講座よりも自学自習に近い形式で、本人の自主性が問われるスタイルでもあります。

その分、自分のやる気がダイレクトに反映されるというメリットがe-learningの強みです。

スポンサード リンク

では、どんなものがあるのか?

今回は通信講座も含めて、e-learning形式に近い講座を私なりに2つピックアップしました!

 

 

■ ゼミネットTV

 

e-learningの欠点、それは集中力・緊張感を保てずに途中で投げ出してしまうかもしれないというリスクです。

そこでゼミネットTVでは、

授業は1単元10分〜20分と短く設定

解答が出されない時は時間切れ

正解できないと次の単元に進めない状況を提供

という、いわゆる「強制力」と取り入れています。

この強制力によって、ダラダラした学習を避け、逆に集中力を高めることができます。

また、講義は何度でも閲覧可能、さらには学習経過もデータとして残るので、講師もそれに応じてサポートを行います。

万が一、宅建試験に不合格してしまっても、次回の再試験まで講義を保証しているので、ユーザーとしてはかなりの好条件が揃っています。

まずはHPでどんな講義内容なのかネット上で体験受講してみて、実際にe-lerningに触れましょう。そして、入学するかどうかは、自分が納得できてから考えましょう。

※HPはこちら

 

 通信教育のフォーサイト

 

こちらは「挑戦状」という一見聞いただけではわからないシステムを採用しています。

簡単に言うと、ユーザーはフォーサイトに対して、「合格してみせます!」という宣誓を行い、見事にそれを達成すると、受講料の一部がキャッシュバックされるシステムです。

さらには独自の模擬テストなども充実しているので、この模擬テストでライバルと競うことで、自分の実力がついてくるとおもわれます。

また、ゼミネットTVよりは、通信講座にかなり近い学習スタイルとなっています。

自分の力でバリバリ進めたい方には向いていると言えるでしょう。

逆にサポートが必要な場合はややきついかもしれません。

※HPはこちら

 

スポンサード リンク

自分に合った宅建学習法を選ぼう

独学&短期合格を目指す(⇒詳細はこちら)
なかなか宅建の勉強をする時間が取れない方や、できるだけお金をかけずに合格したい方にオススメです。

通学で直に学ぶ(⇒詳細はこちら)
講師の方と実際にわからない点などを直接やりとりしながら着実に宅建の勉強したい方や、独学ではちょっと不安がある、という方にオススメです。

通信講座で自宅で学ぶ(⇒詳細はこちら)
時間や通学の手間などを気にせずに、自分の生活スタイルに合わせて宅建の学習をしたい方にオススメです。