宅建を学ぶ方へ捧げる宅建 NAVI。全ては宅建 試験に合格するために!サイトマップ

宅建 NAVI > 大事なのは試験本番 > 大事なのは本番

大事なのは試験本番

大事なのは本番

いくら模擬試験で満点を取っても、本番でうまくいかなければ水の泡です。

それはそれで逆に、逆転の発想を持ち込めることにもなります。

スポンサード リンク

 

宅建主任者試験が迫ってくると、模擬試験が行われます。

この模擬試験は合格へのバロメーターとなります。

 

しかし、この模擬試験で失敗してしまうこともあるでしょう。

例えば、たまたま風邪を引いて、頭が働かなかった。

大学受験などでもこんなことはよくあります。

 

けれども、あくまで模擬試験は模擬試験。

要は本番でうまくいくようマネジメントしていくことが重要です。

そして、そのための行為としては問題演習を積むこと、これに限ります。

 

ここで私事ですが、以前ピアノを習っていました。

幼稚園に通っていたときから高校を卒業するまで実に15年間習っていたのですが、年に2回発表会がありました。

この発表会というものは、子供心に緊張を強いるもので、それはそれは指も足も震えたものです。

しかし、その緊張をほぐすには、自分が今まで積み重ねた練習量、それより他にありませんでした。

練習を何度も何度も積み重ねることで緊張をなくし、逆に今までの成果を発表したいという意思に変えていく、この行動が非常に苦しくもあったし、楽しくもありました。

 

これは宅建にも言えることです。

本番までに問題演習を何度も繰り返し、自信をつけ、「さぁ来い!」とばかりの勢いで、本番に臨んでいく。

それは、一種の楽しさに変わると思います。

 

学習は理解するもの、演習は自信をつけるもの。

こう考えて模擬試験に臨んでみると、意外とリラックスできると思います。

もし失敗したとしても、それを本番で活かせばいいんです。

下手にいい点数を取ってしまうと、「私はもう大丈夫。」と気が緩んでしまうのが人間ですし。

 

自分に自信が持てる学習、演習をする。

これも宅建を合格する上で、大事な要素です。

 

 

スポンサード リンク

自分に合った宅建学習法を選ぼう

独学&短期合格を目指す(⇒詳細はこちら)
なかなか宅建の勉強をする時間が取れない方や、できるだけお金をかけずに合格したい方にオススメです。

通学で直に学ぶ(⇒詳細はこちら)
講師の方と実際にわからない点などを直接やりとりしながら着実に宅建の勉強したい方や、独学ではちょっと不安がある、という方にオススメです。

通信講座で自宅で学ぶ(⇒詳細はこちら)
時間や通学の手間などを気にせずに、自分の生活スタイルに合わせて宅建の学習をしたい方にオススメです。