宅建を学ぶ方へ捧げる宅建 NAVI。全ては宅建 試験に合格するために!サイトマップ

宅建 NAVI > 宅地建物取引主任者とは? > 宅建取引主任者とは?

宅地建物取引主任者とは?

宅建取引主任者とは?

具体的にはどんな存在で、どんな業務をするのか?

スポンサード リンク

宅建取引主任者は、適正かつ円滑な宅建取引にとって必要不可欠な存在です。

持っている宅建の知識を駆使して、他の従業員と同様に、たとえば物件調査や価格査定、物件の紹介や売却などを行うことが出来ます。

その上、宅建取引主任者にしか出来ない業務もあります。 それが以下の3つです。

―斗彁項の説明

⊇斗彁項説明書への記名

7戚麁睛撞載書面への記名押印

 

 ※「重要事項の説明」

重要事項の説明とは、物件の目に見えない制限、例えば建築基準法による制限などについて、契約を締結する前に買主などに対してする説明のことです。

多くの法律の知識を必要とするので、宅建取引主任者にしか出来ない業務となっています。

 

スポンサード リンク

自分に合った宅建学習法を選ぼう

独学&短期合格を目指す(⇒詳細はこちら)
なかなか宅建の勉強をする時間が取れない方や、できるだけお金をかけずに合格したい方にオススメです。

通学で直に学ぶ(⇒詳細はこちら)
講師の方と実際にわからない点などを直接やりとりしながら着実に宅建の勉強したい方や、独学ではちょっと不安がある、という方にオススメです。

通信講座で自宅で学ぶ(⇒詳細はこちら)
時間や通学の手間などを気にせずに、自分の生活スタイルに合わせて宅建の学習をしたい方にオススメです。