宅建を学ぶ方へ捧げる宅建 NAVI。全ては宅建 試験に合格するために!サイトマップ

宅建 NAVI > テキストと問題集はセットで選ぶべき > テキストと問題集はセットで選ぶべき

テキストと問題集はセットで選ぶべき

テキストと問題集はセットで選ぶべき

宅建学校、通信講座ならばテキストや問題集は相手から渡されますが、独学の場合は自分で揃えなくてはなりません。

スポンサード リンク

では、どんな参考書を買うべきか?

きっと極論すると「自分にあった参考書」とかいう答えになるのでしょうが、漠然とし過ぎです。

そこで私が端的に述べるならば、ある種のクラス分けが生じると思います。

 

―蘓桓圓諒

→法律用語の基本的な解説まで載っていて、単色刷りではない本。

∨[Т愀犬粒惱の経験があるが宅建は触れたことない人

→宅建の基礎を詳しく解説している本。

0貪戮任眤襍試験を受けたことある人

→ほどほどの解説書と精選問題集。

 

大体このような分け方になると思いますが、この時に注意して欲しいのが、テキストと問題集は一緒の出版社のものを買うべきということです。

一緒のものを買わないと、分野の構成や解説文の難易度が、テキストと問題集で変わってしまいますので、そうなると学習に支障をきたします。

かたや民法から、かたや宅建業法からなどでは戸惑うでしょうし、第一、問題の解説に該当する分野を探し出すことが面倒です。

このことを注意して、各々テキストと問題集を選んで欲しいです。

 

スポンサード リンク

自分に合った宅建学習法を選ぼう

独学&短期合格を目指す(⇒詳細はこちら)
なかなか宅建の勉強をする時間が取れない方や、できるだけお金をかけずに合格したい方にオススメです。

通学で直に学ぶ(⇒詳細はこちら)
講師の方と実際にわからない点などを直接やりとりしながら着実に宅建の勉強したい方や、独学ではちょっと不安がある、という方にオススメです。

通信講座で自宅で学ぶ(⇒詳細はこちら)
時間や通学の手間などを気にせずに、自分の生活スタイルに合わせて宅建の学習をしたい方にオススメです。