宅建を学ぶ方へ捧げる宅建 NAVI。全ては宅建 試験に合格するために!サイトマップ

宅建 NAVI > 権利関係 民法

権利関係 民法

<参考文献>伊藤塾編 うかる!宅建図解テキスト2007年度版

契約の成立

この分野で私が大事だと考えたのは、「契約の種類別にしっかり理解・暗記すること」。

結構いろいろな契約があり、頭の中を整理しないとゴチャゴチャになりそうです。

「契約の成立」詳細はこちら

意思表示:総論

意思表示。

聞こえはそのままですが、何か法律的な観点からは違うものに聞こえてしまいますね。

「意思表示:総論機彎楮戮呂海舛

意思表示:総論

総論気如意思表示の問題の概要はわかったと思います。

しかし、ここであるひとつの疑問が浮かび上がってきませんか?

「意思表示:総論供彎楮戮呂海舛

意思表示:心裡留保

心裡留保(しんりりゅうほ)とは、いったいどのようなことを言っているのでしょうか?

「意思表示:心裡留保」詳細はこちら

意思表示:虚偽表示

虚偽表示とは、具体的にどのような場合を言うのでしょうか?

「意思表示:虚偽表示」詳細はこちら

意思表示:錯誤

錯誤とは日常でよくあることを意味しています。

けれども、宅建だとなんか難しい単語みたいに感じてしまいますね。

「意思表示:錯誤」詳細はこちら

意思表示:詐欺

詐欺という言葉はよく日常でも用いられます。

それは宅建においても、意味するところは変わりません。

「意思表示:詐欺」詳細はこちら

意思表示:強迫

強迫とは、他人を脅して畏怖させることをいいます。

強迫について覚えることはたった一つです。

「意思表示:強迫」詳細はこちら

意思表示:絡み合う事例

ここでは、今までの私の解説には載っていない場合について述べています。

今回は2つの場合を取り上げます。

 

「意思表示:絡み合う事例」詳細はこちら

無効と取消し

無効と取消しは、「行為が無効になる」という最終的なところは共通しています。

しかし、その中身は宅建において、大きな違いがあります。

「無効と取消し」詳細はこちら

自然人:権利能力

そもそもまず宅建で自然人(しぜんじん)とは何を意味するのでしょうか?

「自然人:権利能力」詳細はこちら

自然人:意思能力

自然人が1人で完全に有効な契約をするための3つの能力(権利能力・意思能力・行為能力)。

次は意思能力の解説です。

「自然人:意思能力」詳細はこちら

自然人:行為能力

自然人が1人で完全に有効な契約をするための3つの能力(権利能力・意思能力・行為能力)。

最後は行為能力についてです。

「自然人:行為能力機彎楮戮呂海舛

自然人:行為能力

前の章で、制限行為能力者制度について解説しました。

ここでは、取消や相手方の保護について説明していきます。

「自然人:行為能力供彎楮戮呂海舛

代理:総論

代理制度は非常に便利な制度です。

まずは、代理の概要から解説していきます。

「代理:総論」詳細はこちら

代理:無権代理制度

宅建の中で、無権代理制度の内容は重要な地位を占めます。

まずは何を意味しているかという基本から理解していきましょう。

「代理:無権代理制度」詳細はこちら

代理:その他の諸制度

代理にはまだまだ色々な制度があります。

「代理:その他の諸制度」詳細はこちら

債権と債務:総論

債権と債務はセットで覚えていきましょう。

その方が比較もできて、簡単だと思います。

「債権と債務:総論」詳細はこちら

債権と債務:期限と条件

期限と条件なんて、日常でも多用されますよね。

だから、宅建の学習の範囲とはいえ、そんなに身構える必要はありません。

「債権と債務:期限と条件」詳細はこちら

債務と債権:債務不履行

宅建において、債務不履行の内容は非常に重要です。

ほぼ毎年試験に出題されているのが、それを物語っています。

「債務と債権:債務不履行」詳細はこちら

債権と債務:履行遅滞

債務不履行の1種、履行遅滞(りこうちたい)の解説です。

「債権と債務:履行遅滞」詳細はこちら

債権と債務:履行不能

債務不履行の1種、履行不能の解説です。

「債権と債務:履行不能」詳細はこちら

債権と債務:不完全履行

債務不履行の1種、最後は不完全履行の説明です。

「債権と債務:不完全履行」詳細はこちら

債権と債務:損害賠償請求

債務不履行があると、債権者は不利益を被ります。

そこで、損害賠償請求が認められています。

「債権と債務:損害賠償請求」詳細はこちら

債権と債務:金銭債務の特則

金銭債務とは、金銭を支払う義務のことを言います。

金銭債務の不履行は、金銭以外の債務とは異なる規定となっています。

「債権と債務:金銭債務の特則」詳細はこちら

債権と債務:損害賠償額の予定

債務不履行があった場合に、現実的に、いくらの損害が発生したのかを証明することは難しいです。

「債権と債務:損害賠償額の予定」詳細はこちら

弁済その他:弁済

弁済(べんさい)とは、債務者が契約に従って、債務の内容を実現する行為をいいます。

弁済の内容などは、契約によって決まります。

「弁済その他:弁済」詳細はこちら

弁済その他:相殺・免除・混同

ここでは、相殺・免除・混同について解説していきます。

「弁済その他:相殺・免除・混同」詳細はこちら

債権譲渡:債権譲渡

この章では、債権がどのように譲渡されるのかについて解説します。

「債権譲渡:債権譲渡」詳細はこちら

多数当事者の債権債務関係:分割債務の原則

この章では、多数当事者の債権債務関係について解説します。

「多数当事者の債権債務関係:分割...」詳細はこちら

多数当事者の債権債務関係:連帯債務

連帯債務は宅建において重要度が高めです。

しっかり噛み砕いて理解しましょう。

「多数当事者の債権債務関係:連帯...」詳細はこちら

多数当事者の債権債務関係:連帯債務

宅建においての連帯債務の重要性は今まで述べてきたとおりです。

地道に理解していきましょう。

「多数当事者の債権債務関係:連帯...」詳細はこちら

保証:担保制度について

保証の内容に触れる前に、まずは担保制度そのものについて理解しましょう。

保証だって、担保制度の一部ですから。

「保証:担保制度について」詳細はこちら

保証:保証とは

まずそもそも、宅建で、保証とはどういうことなのか。

「保証:保証とは」詳細はこちら

保証:保証債務の成立

保証債務とは、保証人が負う債務のことです。

いったいどのように成立して、どのような内容なのでしょうか。

「保証:保証債務の成立」詳細はこちら

保証:保証人の資格

保証人って誰でもなれると思いますか?

「保証:保証人の資格」詳細はこちら

保証:保証債務の性質

保証債務には、付従性随伴性補充性という3つの性質があります。

「保証:保証債務の性質」詳細はこちら

保証:保証人の相殺権

保証人には相殺権が認められています。

「保証:保証人の相殺権」詳細はこちら

保証:保証債務の効力

ここでは、保証債務の具体的な効力について解説します。

宅建の中で重要な部分なので、しっかり理解してください。

「保証:保証債務の効力」詳細はこちら

保証:共同保証と分別の収益

共同保証とは、1つの主債務を数人の保証人で保証する場合のことを言います。

「保証:共同保証と分別の収益」詳細はこちら

保証:保証人の求償権

求償権の内容をちゃんと理解できていますか?

「保証:保証人の求償権」詳細はこちら

保証:連帯保証

保証人と連帯保証人、一体どこが違うのでしょうか。

「保証:連帯保証」詳細はこちら

担保物権:総論

担保物権での重要ポイントは、それぞれの担保物権の機能の違いと通有性をしっかり理解することです。

「担保物権:総論」詳細はこちら

担保物権:留置権

担保物権のひとつ、留置権の解説について解説します。

「担保物権:留置権」詳細はこちら

担保物権:先取特権

担保物権のひとつ、先取特権の解説です。

宅建での重要度は留置権と同じぐらいです。

「担保物権:先取特権」詳細はこちら

担保物権:質権

担保物権のひとつ、質権の解説です。

宅建の中での重要度は、留置権や先取特権と同じくらいです。

「担保物権:質権」詳細はこちら

抵当権:抵当権の概要

抵当権は、他の担保物権より宅建においては重要です。

その仕組みをまずは知りましょう。

「抵当権:抵当権の概要」詳細はこちら

抵当権:抵当権の効力とその範囲

抵当権には優先弁済的効力が認められています。

また、優先弁済を受けるためには、抵当権を実行する必要があります。具体例としては競売が挙げれるでしょう。

「抵当権:抵当権の効力とその範囲」詳細はこちら

抵当権:被担保債権について

この章の内容は、宅建試験でも過去問でも結構出題されるのでしっかり覚えましょう。

 

「抵当権:被担保債権について」詳細はこちら

抵当権:抵当権の優劣

同じ不動産に対して抵当権を設定したときの効力の順番は、登記の前後によります。

いわば、早い者勝ちの法則です。

「抵当権:抵当権の優劣」詳細はこちら

抵当権:抵当権の処分について

抵当権者に認められるものについて、その権利の処分方法があります。

「抵当権:抵当権の処分について」詳細はこちら

抵当権:抵当権と第三者

例えば、抵当権の目的物を第三者が取得したとしましょう。

「抵当権:抵当権と第三者」詳細はこちら

抵当権:抵当目的物の賃借人との関係について

抵当目的物の賃借人との関係は、賃借人が現れたのが抵当権を設定した前後によって変わってきます。

「抵当権:抵当目的物の賃借人との...」詳細はこちら

抵当権:抵当権侵害

抵当権者が目的物の交換価値を把握できなくなり、被担保物権の全額を回収できなくなることを抵当権侵害といいます。

「抵当権:抵当権侵害」詳細はこちら

抵当権:建物引渡猶予制度

建物引渡猶予制度とは具体的にはどういうことなのか?

「抵当権:建物引渡猶予制度」詳細はこちら

抵当権:抵当権の消滅

抵当権が消滅する原因には、一般的な原因と特殊な原因の2種類があります。

「抵当権:抵当権の消滅」詳細はこちら

物権:対抗要件・混同

ここでは物権におけるその対抗要件と混同について解説します。

「物権:対抗要件・混同」詳細はこちら

所有権:共有とは

共有なんて日常でもよく出てくる言葉ですが、宅建ではそれと何か違いはあるのでしょうか?

「所有権:共有とは」詳細はこちら

所有権:共有持分

まず「持分」ってなんだかわかりますか?

「所有権:共有持分」詳細はこちら

所有権:共有物の分割

ここでは共有物の分割について解説します。

「所有権:共有物の分割」詳細はこちら

用益物権:地上権

地上権は、一言で言えば他人の土地を利用する権利なのですが、詳しい事柄はどのようになっているのでしょうか?

「用益物権:地上権」詳細はこちら

用益物権:永小作権

用益物権の一つ、永小作権について解説します。

「用益物権:永小作権」詳細はこちら

用益物権:地役権

用益物権の一つ、地役権の解説です。

「用益物権:地役権」詳細はこちら

用益物権:入会権

用益物権、最後は入会権の解説です。

「用益物権:入会権」詳細はこちら

物権変動:不動産の対抗問題とその解決法

まずそもそも「対抗問題」って何を意味しているのでしょうか?

「物権変動:不動産の対抗問題とそ...」詳細はこちら

物権変動:第三者の範囲

第三者と物権変動における関係について解説していきます。

「物権変動:第三者の範囲」詳細はこちら

物権変動:重要な物権変動のパターン機兵莨辰靴氾亠)

まず重要なパターンその1として、「取消しと登記」というものがあります。

「物権変動:重要な物権変動のパタ...」詳細はこちら

契約総則:イントロダクション

私たちの日常生活は実に様々な契約で成り立っています。

そして、それらの契約は、私たちが社会生活を営む上で必要不可欠なものです。

「契約総則:イントロダクション」詳細はこちら

契約総則:同時履行の抗弁権

ここでもう一度、同時履行の抗弁権について触れておきます。

「契約総則:同時履行の抗弁権」詳細はこちら

契約総則:危険負担

では、まずは危険負担とはそもそも?というところから解説していきましょう。

「契約総則:危険負担」詳細はこちら

契約総則:解除・その性質

解除について、まずはその概要を解説します。

「契約総則:解除・その性質」詳細はこちら

契約総則:解除・その効果

解除にはどのような効果があるか解説します。

「契約総則:解除・その効果」詳細はこちら

売買契約:売主の担保責任

まず担保責任という言葉から解説していきます。

そして、担保責任の中の1種類について触れています。

「売買契約:売主の担保責任機彎楮戮呂海舛

売買契約:売主の担保責任

担保責任には全部で6種類ありますが、ここでは3種類について解説します。

「売買契約:売主の担保責任供彎楮戮呂海舛

売買契約:売主の担保責任

残り2種類の担保責任について解説していきます。

「売買契約:売主の担保責任掘彎楮戮呂海舛

賃貸借契約:賃借権の譲渡・目的物の転貸の方法

前の章で解説した賃借権の譲渡と目的物の転貸、今回はその方法についてのものです。

「賃貸借契約:賃借権の譲渡・目的...」詳細はこちら

賃貸借契約:無断譲渡・無断転貸

無断で譲渡や転貸をされたことに対して、賃貸人は何ができるでしょうか?

「賃貸借契約:無断譲渡・無断転貸」詳細はこちら

不法行為:不法行為

まず、不法行為の概要から知っていきましょう。

「不法行為:不法行為機彎楮戮呂海舛

不法行為:不法行為

不法行為のその他の事項を見ていきましょう。

「不法行為:不法行為供彎楮戮呂海舛

相続:相続人

まず相続という言葉を噛み砕きましょう。その後に相続人の解説をします。

「相続:相続人」詳細はこちら

相続:法定相続分

次は相続する分についての解説です。

「相続:法定相続分」詳細はこちら

相続:遺留分

宅建には聞きなれない言葉が多いものですが、この遺留分もあまり聞いたことがないものではないでしょうか?

「相続:遺留分」詳細はこちら