宅建を学ぶ方へ捧げる宅建 NAVI。全ては宅建 試験に合格するために!サイトマップ

宅建 NAVI > 権利関係 民法 > 意思表示:総論

権利関係 民法

意思表示:総論

意思表示。

聞こえはそのままですが、何か法律的な観点からは違うものに聞こえてしまいますね。

スポンサード リンク

 

まずここで、そもそも意思表示とは何を示すのか?

宅建における意思表示とは、当事者が法律効果を欲し、かつそのことを発表する行為を意味します。

例を挙げれば、売買契約における申し込みや承諾といったものでしょうか。

要は「この家が欲しい!」と思って申し込むようなものと捉えてよいでしょう。

 

では、この意思表示に関する問題として、どのようなものがあるでしょうか?

 

まず1つが意思の不存在と呼ばれるものです。

これは、心の中でどう思っているのかという表意者(意思表示をした人のこと)の本当の意思と、実際の表示が異なることをいいます。

本当の意思でないのなら、表示どおりの効果を発動させる意味はないので、この意思表示は無効となります。

さらにこれは、心裡留保虚偽表示錯誤の3つに分けることができますが、それぞれまた別の機会に触れます。

一度に触れてみた私ですが、頭がごちゃごちゃになってしまったというのも理由のひとつです。

 

あともう1つの意思表示に関する問題として、瑕疵(かし)ある意思表示というものがあります。

「瑕疵(かし)」という言葉を今まで私は聞いたことがありませんでした。

この言葉の意味は、欠陥や欠落を意味するそうです。

つまり、表意者の意思と実際の表示は一致するのですが、その内心を形成する過程で、だまされたり脅されたりといった欠陥があることをいいます。

こういった場合、意思と表示が一致する以上、無効ではありません。

しかし、だまされたり脅されたりした人を保護するために、これらの人が欲する場合には、意思表示を取り消して、その効力を否定することができます。

 

瑕疵ある意思表示は、さらに、詐欺脅迫の2種類に分類できますが、これらも同様に、別の機会に触れます。

 

以上が基本的な宅建における意思表示の問題です。

これをまとめると下記のようになります。

 

〜意思表示の問題〜

1.意思の不存在

 /肝N永

 虚偽表示

 錯誤

2.瑕疵ある意思表示

 〆承

 脅迫

 

こうやってまずはきちんと整理してから、それぞれの分野にとりかかると、理解度も増すと思います。

 

 

 

 

 

 

 

スポンサード リンク

自分に合った宅建学習法を選ぼう

独学&短期合格を目指す(⇒詳細はこちら)
なかなか宅建の勉強をする時間が取れない方や、できるだけお金をかけずに合格したい方にオススメです。

通学で直に学ぶ(⇒詳細はこちら)
講師の方と実際にわからない点などを直接やりとりしながら着実に宅建の勉強したい方や、独学ではちょっと不安がある、という方にオススメです。

通信講座で自宅で学ぶ(⇒詳細はこちら)
時間や通学の手間などを気にせずに、自分の生活スタイルに合わせて宅建の学習をしたい方にオススメです。