宅建を学ぶ方へ捧げる宅建 NAVI。全ては宅建 試験に合格するために!サイトマップ

宅建 NAVI > 権利関係 民法 > 意思表示:錯誤

権利関係 民法

意思表示:錯誤

錯誤とは日常でよくあることを意味しています。

けれども、宅建だとなんか難しい単語みたいに感じてしまいますね。

スポンサード リンク

 

錯誤とは、表示に対応する意思がなく、しかも意思の不存在を表意者が知らないことを言います。

たとえば、言い間違いとかがいい例でしょうか。

 

錯誤に基づく意思表示は、無効です。

 

ただし、原則として、表意者本人にしか錯誤無効の主張はできません。

他人が「あの人の意思表示は錯誤だったから、その契約は無効です。」といっても、効力は発生しません。

また、表意者自身も、勘違いをしたことについて、重大な過失(重過失といいます)があったときは、原則として無効を主張することができません。

 

では、第三者との関係はどうなるでしょうか?

契約が錯誤による無効である場合は、表意者は善意の第三者に対しても無効を主張することができます

これは、心裡留保や虚偽表示の場合とは違います。

ごちゃごちゃにならないよう気をつけてください。

 

以上をまとめると、下記のようになります。

 

〜錯誤の注意点〜

・錯誤により無効になるのは、善意重過失の場合のみ!

・錯誤による契約の場合、第三者にはいかなる場合でも無効を主張できる!

 

こうなるかと思われます。

宅建の中でも権利関係は結構面倒な分野ですが、合格には必要なものです。

しっかり勉強しましょう!

 

スポンサード リンク

自分に合った宅建学習法を選ぼう

独学&短期合格を目指す(⇒詳細はこちら)
なかなか宅建の勉強をする時間が取れない方や、できるだけお金をかけずに合格したい方にオススメです。

通学で直に学ぶ(⇒詳細はこちら)
講師の方と実際にわからない点などを直接やりとりしながら着実に宅建の勉強したい方や、独学ではちょっと不安がある、という方にオススメです。

通信講座で自宅で学ぶ(⇒詳細はこちら)
時間や通学の手間などを気にせずに、自分の生活スタイルに合わせて宅建の学習をしたい方にオススメです。