宅建を学ぶ方へ捧げる宅建 NAVI。全ては宅建 試験に合格するために!サイトマップ

宅建 NAVI > 権利関係 民法 > 代理:総論

権利関係 民法

代理:総論

代理制度は非常に便利な制度です。

まずは、代理の概要から解説していきます。

スポンサード リンク

 

まず、代理とは、本人が代理人に代理権を授与して、代理人が、その権限の範囲内で本人のために代理行為を行うことにより、代理人が結んだ契約の効果が、直接本人に帰属することをいいます。

権利の授与なんかは、よく企業の中でも行われていることですね。

 

次に代理の種類についてです。

代理には、任意代理法定代理の2種類が存在します。

任意代理とは、本人が、自らの意思によって、他人に代理権を与えることで始まる代理をいいます。

一方、法定代理とは、本人の意思に基づかず、法律の規定によって、代理権を与えることで始まる代理をいいます。

以前触れた、未成年者や成年被後見人は法定代理に属します。

 

また、代理行為が有効に成立するためには3つの要件があります。

‖緲人が代理権を有すること

代理権限の範囲内であること

顕名(けんめい:本人のためにすることを示すこと)

以上が代理が有効に成立するために必要です。

 

もし、上記の要件がどれか一つでも欠けてしまった場合、相手方は不利益を被ることになってしまいます。

そこで、相手方を保護する必要が生じてきます。

(1) ↓△陵弖錣欠けた場合

この場合、相手方を保護する目的で、無権代理制度があります。

この制度については次の章で解説します。

(2)の要件が欠けた場合

この場合は、原則として、要件は欠けているのは確かなのですが、相手方と代理人との間で契約は成立します。

決して、本人まで契約の効力が届くことはありません。

ただし、相手方が、代理人が本人のためにすることを知り、又は知ることができたときは、契約は本人と相手方との間に有効に成立します。

 

最後に、代理権の消滅について触れておきます。

代理権が消滅するには、色々な要因があります。

以下に表にしてまとめてみました。

   死亡  破産手続開始決定  後見開始  解約告知 
 任意代理  本人  ○ ○ ‐ ○
 代理人  ○ ○ ○ ○
 法定代理 本人  ○ ‐ ‐ ‐
 代理人  ○ ○ ○ ‐

上の表で、○がついている事情が発生した場合に代理権は消滅します。

 

次の章では、宅建において重要なパートである、無権代理制度について解説していきます。

 

スポンサード リンク

自分に合った宅建学習法を選ぼう

独学&短期合格を目指す(⇒詳細はこちら)
なかなか宅建の勉強をする時間が取れない方や、できるだけお金をかけずに合格したい方にオススメです。

通学で直に学ぶ(⇒詳細はこちら)
講師の方と実際にわからない点などを直接やりとりしながら着実に宅建の勉強したい方や、独学ではちょっと不安がある、という方にオススメです。

通信講座で自宅で学ぶ(⇒詳細はこちら)
時間や通学の手間などを気にせずに、自分の生活スタイルに合わせて宅建の学習をしたい方にオススメです。