宅建を学ぶ方へ捧げる宅建 NAVI。全ては宅建 試験に合格するために!サイトマップ

宅建 NAVI > 権利関係 民法 > 債権と債務:履行不能

権利関係 民法

債権と債務:履行不能

債務不履行の1種、履行不能の解説です。

スポンサード リンク

 

履行不能とは、債権が成立した後、債務者の帰責事由により、履行ができないことをいいます。

なお、履行遅滞中に目的物が滅失して履行不能となった場合であれば、滅失したこと自体に債務者が責任が無くても、履行遅滞に責任があれば、滅失したことを含めて債務者の責任に基づく不能と考えられます。

 

不能かどうかの判断は、一般常識(社会通念)によって決まります。

履行が不能になっても、これが債務者のせいではない場合(不可抗力)は、債務不履行の問題にはなりません。

要は債権者の帰責事由の有無によって変わってきます。

 

スポンサード リンク

自分に合った宅建学習法を選ぼう

独学&短期合格を目指す(⇒詳細はこちら)
なかなか宅建の勉強をする時間が取れない方や、できるだけお金をかけずに合格したい方にオススメです。

通学で直に学ぶ(⇒詳細はこちら)
講師の方と実際にわからない点などを直接やりとりしながら着実に宅建の勉強したい方や、独学ではちょっと不安がある、という方にオススメです。

通信講座で自宅で学ぶ(⇒詳細はこちら)
時間や通学の手間などを気にせずに、自分の生活スタイルに合わせて宅建の学習をしたい方にオススメです。