宅建を学ぶ方へ捧げる宅建 NAVI。全ては宅建 試験に合格するために!サイトマップ

宅建 NAVI > 権利関係 民法 > 債権と債務:損害賠償額の予定

権利関係 民法

債権と債務:損害賠償額の予定

債務不履行があった場合に、現実的に、いくらの損害が発生したのかを証明することは難しいです。

スポンサード リンク

そこで、損害賠償額について争いを避けるため、あらかじめ損害賠償額の予定を定めておく必要があります。

 

そして、損害賠償額の予定を定めた場合、その効果も発生します。

効果の内容は以下の四4つです。

〆枷十蠅蓮原則として、この予定された損害賠償額を増減することはできません

賠償額の予定をしていても、履行または解除の請求をすることはできます。

G綵額の予定があっても、過失相殺はできます

ず銚⊆圓債務不履行の事実さえ証明できれば、損害の発生やその額の立証をする必要はありません。

 

条件付きのものが多いので、注意してください。

 

宅建といっても核は法律、上記の効果の内容のように、やはり例外も様々あります。

柔和に考え、常識を活かしましょう。

 

スポンサード リンク

自分に合った宅建学習法を選ぼう

独学&短期合格を目指す(⇒詳細はこちら)
なかなか宅建の勉強をする時間が取れない方や、できるだけお金をかけずに合格したい方にオススメです。

通学で直に学ぶ(⇒詳細はこちら)
講師の方と実際にわからない点などを直接やりとりしながら着実に宅建の勉強したい方や、独学ではちょっと不安がある、という方にオススメです。

通信講座で自宅で学ぶ(⇒詳細はこちら)
時間や通学の手間などを気にせずに、自分の生活スタイルに合わせて宅建の学習をしたい方にオススメです。