宅建を学ぶ方へ捧げる宅建 NAVI。全ては宅建 試験に合格するために!サイトマップ

宅建 NAVI > 権利関係 民法 > 多数当事者の債権債務関係:分割債務の原則

権利関係 民法

多数当事者の債権債務関係:分割債務の原則

この章では、多数当事者の債権債務関係について解説します。

スポンサード リンク

 

1.分割債務とは

分割債務とは、多数人で債務を負担する場合、債務を各債務者が分割して負担することをいいます。

民法は、債務者が複数いる場合、この分割債務を原則としています。

例えば、家屋を3人で購入したときの購入代金を3人で分割して負担する場合です。

 

2.不可分債務とは

不可分債務とは、債務の性質によって、分割できないものをいいます。

例を挙げると、家屋の共同賃借人の賃料債務などです。 

この場合は、分割債務の原則をとることはできません。

 

次の章では、宅建において重要度の高い連帯債務について解説します。

 

スポンサード リンク

自分に合った宅建学習法を選ぼう

独学&短期合格を目指す(⇒詳細はこちら)
なかなか宅建の勉強をする時間が取れない方や、できるだけお金をかけずに合格したい方にオススメです。

通学で直に学ぶ(⇒詳細はこちら)
講師の方と実際にわからない点などを直接やりとりしながら着実に宅建の勉強したい方や、独学ではちょっと不安がある、という方にオススメです。

通信講座で自宅で学ぶ(⇒詳細はこちら)
時間や通学の手間などを気にせずに、自分の生活スタイルに合わせて宅建の学習をしたい方にオススメです。