宅建を学ぶ方へ捧げる宅建 NAVI。全ては宅建 試験に合格するために!サイトマップ

宅建 NAVI > 権利関係 民法 > 多数当事者の債権債務関係:連帯債務

権利関係 民法

多数当事者の債権債務関係:連帯債務

宅建においての連帯債務の重要性は今まで述べてきたとおりです。

地道に理解していきましょう。

スポンサード リンク

 

3.連帯債務者の1人について生じた事由の効力

仝饗А柄蠡亳)

連帯債務において、各債務者が負う債務は、本来、それぞれ別個独立なものです。

これを相対効といいます。

例として押さえておきたいものは、債務の承認、債権譲渡の通知、時効の利益の放棄、無効または取消の原因などでしょう。

⇔祿亜弊簑亳)

連帯債務は、当事者の契約などに基づき、複数の債務が束ねられている以上、場合によっては、連帯債務者の1人について生じた事由が、他も債務者に影響を与えることがあります。

これを、絶対効といいます。

絶対効が生じる事情としては、弁済ないしこれと同視すべき代物弁済や供託、相殺、更改、請求、混同、免除、時効があります。

次の事例をもとにそれぞれ解説します。

 

【事例】

『Aさん、Bさん、Cさんの3人は、それぞれお金を出し合って、Dさんから3,000万円の家屋を買うことにしました。そして、Aさん、Bさん、Cさんは、連帯債務を負うことにしました。なお、負担部分は、それぞれ1,000万円ずつとします。』

 

(1)弁済

連帯債務者の1人、例えば、AさんがDさんに3,000万円を支払うと、Bさん、Cさんの債務も消滅します。

(2)相殺

連帯債務者の1人、例えば、Aさんが、たまたまDさんに対して3,000万円を貸しており、この3,000万円と家屋の代金3,000万円を相殺したとします。

この場合、Bさん、Cさんの債務も消滅します。

(3)請求

Dさんが、連帯債務者の1人、例えば、Aさんに対して、「3,000万円を支払ってください。」と請求すれば、その効果は、BさんとCさんにも及びます。例えば、DさんがAさんに請求することで、Aさんに対する時効が中断されますが、時効中断の効果はBさんとCさんにも及びます

(4)混同

債権者Dさんは、連帯債務者の1人であるAさんの父であったが、死亡しました。

この場合、連帯債務者Aさんが、債権者Dさんを相続すると、混同により、Aさんの債務は、消滅します。

その結果、他の連帯債務者Bさん、Cさんも連帯債務全額を免れます

(5)他人の債権で相殺

連帯債務者Aさんは、Dさんに対して3,000万円を貸していました(3,000万円の債権が存在していることと同義です)。

このとき、BさんとCさんは、Aさんの負担部分の限度で、相殺することができます。

すなわち、Aさんの負担部分が1,000万円であることから、BさんとCさんは、Dさんから3,000万円請求されても、Aさんの負担部分である1,000万円については相殺できます。

その結果、Aさん、Bさん、Cさんは、2,000万円の連帯債務を負っていることになります。

(6)免除

債権者Dさんが、連帯債務者の1人、例えば、Aさんの債務の全額を免除しました。

このとき、BさんとCさんは、Aさんの負担部分についてのみ債務を免れます。

したがって、DさんがAさんの債務を免除することで、BさんとCさんは、Aさんの負担部分である1,000万円についてのみ債務を免れます。

その結果、BさんとCさんは、Dさんに対して2,000万円の連帯債務を負うことになります。

(7)時効の完成

連帯債務者の1人、例えばAさんのDさんに対する債務のみが時効により消滅したとします。

このとき、BさんとCさんは、Aさんの負担部分についてのみ債務を免れます。

すなわち、BさんとCさんは、Aさんの負担部分である1,000万円については債務を免れます。

その結果、BさんとCさんは、Dさんに対して、2,000万円の連帯債務を負うことになります。

 

4.連帯債務者間の内部関係

連帯債務者の1人が、債務を弁済し、その他自己の財産をもって共同の免責(とるべき責任を免除または軽減されること)を得たときは、他の債務者に対して、その各自の負担部分に応じた金額を求めることができます。

この権利を求償権といいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサード リンク

自分に合った宅建学習法を選ぼう

独学&短期合格を目指す(⇒詳細はこちら)
なかなか宅建の勉強をする時間が取れない方や、できるだけお金をかけずに合格したい方にオススメです。

通学で直に学ぶ(⇒詳細はこちら)
講師の方と実際にわからない点などを直接やりとりしながら着実に宅建の勉強したい方や、独学ではちょっと不安がある、という方にオススメです。

通信講座で自宅で学ぶ(⇒詳細はこちら)
時間や通学の手間などを気にせずに、自分の生活スタイルに合わせて宅建の学習をしたい方にオススメです。