宅建を学ぶ方へ捧げる宅建 NAVI。全ては宅建 試験に合格するために!サイトマップ

宅建 NAVI > 権利関係 民法 > 保証:担保制度について

権利関係 民法

保証:担保制度について

保証の内容に触れる前に、まずは担保制度そのものについて理解しましょう。

保証だって、担保制度の一部ですから。

スポンサード リンク

 

そもそも、なぜ担保制度が存在すると思いますか?

 

理由は簡単です。

それは、お金のやりとり、貸し借りのためです。

確実に貸したお金を回収できる制度がないと、誰もお金を貸そうとは考えませんよね。

 

では、その担保制度はどういうものなのか。

 

担保制度とは、債権者の金銭債権の回収を確実にするためのものです。

担保制度は、人的な担保制度物的な担保制度に分かれます。

人的な担保制度として、保証連帯保証があります。

物的な担保制度としては、担保物件があります。

なお、担保物件には、留置権先取特権質権抵当権があります。

ですが、これらについては後の方で解説します。

 

宅建において、保証の分野はかなり重要です。

次の章から、保証について色々解説していきます。

 

スポンサード リンク

自分に合った宅建学習法を選ぼう

独学&短期合格を目指す(⇒詳細はこちら)
なかなか宅建の勉強をする時間が取れない方や、できるだけお金をかけずに合格したい方にオススメです。

通学で直に学ぶ(⇒詳細はこちら)
講師の方と実際にわからない点などを直接やりとりしながら着実に宅建の勉強したい方や、独学ではちょっと不安がある、という方にオススメです。

通信講座で自宅で学ぶ(⇒詳細はこちら)
時間や通学の手間などを気にせずに、自分の生活スタイルに合わせて宅建の学習をしたい方にオススメです。