宅建を学ぶ方へ捧げる宅建 NAVI。全ては宅建 試験に合格するために!サイトマップ

宅建 NAVI > 権利関係 民法 > 保証:保証人の資格

権利関係 民法

保証:保証人の資格

保証人って誰でもなれると思いますか?

スポンサード リンク

 

債権者が保証人を指名する場合は、原則として制限はなく、誰でも保証人になることができます。 

しかし、主債務者が保証人を立てる義務を負う場合は、保証人は誰でもなれるというわけではありません。

条件が2つあります。

行為能力があること

弁済する資力があること

この2つを同時に満たしていないと、保証人になることができません。

 

さて、行為能力について覚えているでしょうか?

「制限行為能力者制度」のところでも触れましたが、ここでもう一度解説します。

 

行為能力とは、自分1人の判断で有効な法律行為をすることができる能力のことです。

そして、外見では判断がつきにくいために「制限行為能力者制度」が存在するのでしたね。

 

ここで「制限行為能力者制度ってなんだったっけ?」って気になったあなた!

気になったら前に戻って復習しましょう。

宅建でもなんでも、知識は反復をすることで、頭の中に入っていくものですからね。

 

スポンサード リンク

自分に合った宅建学習法を選ぼう

独学&短期合格を目指す(⇒詳細はこちら)
なかなか宅建の勉強をする時間が取れない方や、できるだけお金をかけずに合格したい方にオススメです。

通学で直に学ぶ(⇒詳細はこちら)
講師の方と実際にわからない点などを直接やりとりしながら着実に宅建の勉強したい方や、独学ではちょっと不安がある、という方にオススメです。

通信講座で自宅で学ぶ(⇒詳細はこちら)
時間や通学の手間などを気にせずに、自分の生活スタイルに合わせて宅建の学習をしたい方にオススメです。