宅建を学ぶ方へ捧げる宅建 NAVI。全ては宅建 試験に合格するために!サイトマップ

宅建 NAVI > 権利関係 民法 > 保証:保証債務の効力

権利関係 民法

保証:保証債務の効力

ここでは、保証債務の具体的な効力について解説します。

宅建の中で重要な部分なので、しっかり理解してください。

スポンサード リンク

 

1.主債務者について生じた事由の効力

原則として、主債務者について生じた事由の効力は、すべて保証人に及びます。

これを絶対効と言うのでしたよね(覚えてますか?)

したがって、主債務者による弁済や相殺など、主債務者が債務の履行を果たすことで主債務が消滅すれば、保証債務も消滅します。

さらに、主債務者に対する時効の中断は、保証人に対しても効力を生じます。

ただし例外として、主たる債務者について生じた事由で保証人に及ばないもの(相対効)は、

主債務が増額されても保証債務は影響を受けないこと

⊆膾通海砲ける消滅時効が完成した場合

において、主債務者が時効の利益を放棄しても、保証人は、独自に時効を援用することができることにあります。

 

2.保証人について生じた事由の効力

保証人について生じた効力は、原則として、主債務者に対して及びません。

これを、しつこいようですが、相対効と言うのでしたよね。

例外として、主債務を消滅させる行為(弁済代物弁済相殺更改など)は影響を及ぼします。

これを、またしつこいですが、絶対効といいます。

 

余談になりますが、なぜこんなにしつこく語句の確認をする必要があるかというと、反復をすることによって、知識を正確にするためです。

これは宅建に限らず、学習には非常に重要なことだと考えています。

 

 

スポンサード リンク

自分に合った宅建学習法を選ぼう

独学&短期合格を目指す(⇒詳細はこちら)
なかなか宅建の勉強をする時間が取れない方や、できるだけお金をかけずに合格したい方にオススメです。

通学で直に学ぶ(⇒詳細はこちら)
講師の方と実際にわからない点などを直接やりとりしながら着実に宅建の勉強したい方や、独学ではちょっと不安がある、という方にオススメです。

通信講座で自宅で学ぶ(⇒詳細はこちら)
時間や通学の手間などを気にせずに、自分の生活スタイルに合わせて宅建の学習をしたい方にオススメです。