宅建を学ぶ方へ捧げる宅建 NAVI。全ては宅建 試験に合格するために!サイトマップ

宅建 NAVI > 権利関係 民法 > 抵当権:抵当権の優劣

権利関係 民法

抵当権:抵当権の優劣

同じ不動産に対して抵当権を設定したときの効力の順番は、登記の前後によります。

いわば、早い者勝ちの法則です。

スポンサード リンク

しかし、不動産の保存工事の先取特権に対しては、先に登記した抵当権があったとしても、優先して行使することができます。この2つに関しては特別扱いされてます。

その理由はなぜでしょうか?

不動産の保存ということは、価値を維持することになります。そして不動産の工事ということは、価値を向上させることになります。

これは抵当権者(抵当権を持つ人)にとって利益となるものですよね。

だから拒む理由がないということで、この2つが優先されているんです。

 

では、抵当権の優劣を変更することはできないのでしょうか?

答えはNoです。

これは、各抵当権者の合意によって変更することができます。しかし、そこに利害関係者が含まれている場合は、その人に承認を受けなくてはなりません。

そして、この優劣を変更しても、登記をしないことには効力は生じません。

 

スポンサード リンク

自分に合った宅建学習法を選ぼう

独学&短期合格を目指す(⇒詳細はこちら)
なかなか宅建の勉強をする時間が取れない方や、できるだけお金をかけずに合格したい方にオススメです。

通学で直に学ぶ(⇒詳細はこちら)
講師の方と実際にわからない点などを直接やりとりしながら着実に宅建の勉強したい方や、独学ではちょっと不安がある、という方にオススメです。

通信講座で自宅で学ぶ(⇒詳細はこちら)
時間や通学の手間などを気にせずに、自分の生活スタイルに合わせて宅建の学習をしたい方にオススメです。