宅建を学ぶ方へ捧げる宅建 NAVI。全ては宅建 試験に合格するために!サイトマップ

宅建 NAVI > 権利関係 民法 > 抵当権:抵当権の処分について

権利関係 民法

抵当権:抵当権の処分について

抵当権者に認められるものについて、その権利の処分方法があります。

スポンサード リンク

抵当権者は、他の一般債権者や担保を同じものにしている他の抵当権者のために、その抵当権を譲渡、放棄することができます。

例えばAさんがCさんの家に対して抵当権を持っていたとすると、Cさんにお金を貸していたBさんのためや、同じくCさんの家を担保としているDさんのために、抵当権を譲渡・放棄することができるということです。

 

また、抵当権者特有の権利も存在します。

それが転抵当です。

転抵当とは、自分が持っている抵当権を自分自身の債務の担保にすることを言います。

例えば、AさんがBさんに対して300万円の抵当権付債権を有していましたが、その後AさんがCさんから100万円を借りたので、その抵当権を債権の担保としたような場合が転抵当に当たります。

 

スポンサード リンク

自分に合った宅建学習法を選ぼう

独学&短期合格を目指す(⇒詳細はこちら)
なかなか宅建の勉強をする時間が取れない方や、できるだけお金をかけずに合格したい方にオススメです。

通学で直に学ぶ(⇒詳細はこちら)
講師の方と実際にわからない点などを直接やりとりしながら着実に宅建の勉強したい方や、独学ではちょっと不安がある、という方にオススメです。

通信講座で自宅で学ぶ(⇒詳細はこちら)
時間や通学の手間などを気にせずに、自分の生活スタイルに合わせて宅建の学習をしたい方にオススメです。