宅建を学ぶ方へ捧げる宅建 NAVI。全ては宅建 試験に合格するために!サイトマップ

宅建 NAVI > 権利関係 民法 > 抵当権:抵当目的物の賃借人との関係について

権利関係 民法

抵当権:抵当目的物の賃借人との関係について

抵当目的物の賃借人との関係は、賃借人が現れたのが抵当権を設定した前後によって変わってきます。

スポンサード リンク

1.抵当権設定前の場合

抵当権設定前に現れた抵当目的物の賃借人が、対抗要件例えば登記を備えているときは、この賃借人は、抵当権者などに対抗できます。

 

2.抵当権設定後の場合

この場合は原則として、賃借人は登記した抵当権者などに対抗できません。

しかし、例外が2つあります。 

…馘権者の同意の登記がある場合

登記した賃貸借は、その登記前に登記した抵当権を有する全ての者が同意し、かつその同意の表記があるときは、その同意した抵当権者に対抗することができます。

ちなみに抵当権者が同意をするためには、その抵当権を目的とする権利を有する人、その他抵当権者の同意によって不利益を受ける人の承諾を得る必要があります。

■函ィ隠暁4月1日の時点で現在に存在する短期賃貸借

これについてはそういうものと暗記する方が早いです。

 

備考:この章は宅建主任者試験において重要なところです。

 

スポンサード リンク

自分に合った宅建学習法を選ぼう

独学&短期合格を目指す(⇒詳細はこちら)
なかなか宅建の勉強をする時間が取れない方や、できるだけお金をかけずに合格したい方にオススメです。

通学で直に学ぶ(⇒詳細はこちら)
講師の方と実際にわからない点などを直接やりとりしながら着実に宅建の勉強したい方や、独学ではちょっと不安がある、という方にオススメです。

通信講座で自宅で学ぶ(⇒詳細はこちら)
時間や通学の手間などを気にせずに、自分の生活スタイルに合わせて宅建の学習をしたい方にオススメです。