宅建を学ぶ方へ捧げる宅建 NAVI。全ては宅建 試験に合格するために!サイトマップ

宅建 NAVI > 権利関係 民法 > 抵当権:一括競売

権利関係 民法

抵当権:一括競売

一括競売とは?

スポンサード リンク

一括競売とは、更地に抵当権を設定したに、抵当地上に建物が建てられた場合、抵当権者は、土地と一緒に建物も一括して競売にかけることができます。しかし、あくまで義務ではないので注意してください。

これを、一括競売といいます。

 

また、建物の所有者は、抵当権設定者に限定されていませんから、抵当権者以外の者がその建物を建てた場合でも、土地の抵当権者は建物も一括して競売することができます。

けれども、建物の所有者が、抵当地を占有することについて抵当権者に対抗することができる権利を有する場合には、抵当権者は一括競売はできません。

 

また、優先弁済の範囲についてですが、抵当権の効力はあくまでも土地に対して及ぶので、抵当権者は土地の競売代金からのみ優先弁済を受けることができます。

 

備考:宅建において、この章は重要度は高いです。

 

スポンサード リンク

自分に合った宅建学習法を選ぼう

独学&短期合格を目指す(⇒詳細はこちら)
なかなか宅建の勉強をする時間が取れない方や、できるだけお金をかけずに合格したい方にオススメです。

通学で直に学ぶ(⇒詳細はこちら)
講師の方と実際にわからない点などを直接やりとりしながら着実に宅建の勉強したい方や、独学ではちょっと不安がある、という方にオススメです。

通信講座で自宅で学ぶ(⇒詳細はこちら)
時間や通学の手間などを気にせずに、自分の生活スタイルに合わせて宅建の学習をしたい方にオススメです。