宅建を学ぶ方へ捧げる宅建 NAVI。全ては宅建 試験に合格するために!サイトマップ

宅建 NAVI > 権利関係 民法 > 抵当権:抵当権の消滅

権利関係 民法

抵当権:抵当権の消滅

抵当権が消滅する原因には、一般的な原因と特殊な原因の2種類があります。

スポンサード リンク

 

一般的な消滅原因

 “鐫簡欹銚△すべて弁済されたとき

 抵当権が実行されたとき

 B絏訴杠僉抵当権消滅請求が行われたとき

 

次に特殊な原因です

特殊な消滅原因

 〆通骸圈抵当権者設定者との関係

 抵当権の消滅時効

 D馘不動産の時効取得による消滅

 

,硫鮴癲ΑΑδ馘権は、債務者と抵当権設定者との関係では、被担保債権と同時でなければ、消滅しない。

△硫鮴癲ΑΑ債務者、抵当権設定者以外の第三者取得との関係では、抵当権は、孤立して20年の消滅時効にかかる

の解説・・・債務者又は抵当権設定者以外のものが、抵当不動産を時効によって取得したときは、抵当権はこれによって消滅する。

 

備考:宅建におけるこの章の重要度は、やや低めです。

 

スポンサード リンク

自分に合った宅建学習法を選ぼう

独学&短期合格を目指す(⇒詳細はこちら)
なかなか宅建の勉強をする時間が取れない方や、できるだけお金をかけずに合格したい方にオススメです。

通学で直に学ぶ(⇒詳細はこちら)
講師の方と実際にわからない点などを直接やりとりしながら着実に宅建の勉強したい方や、独学ではちょっと不安がある、という方にオススメです。

通信講座で自宅で学ぶ(⇒詳細はこちら)
時間や通学の手間などを気にせずに、自分の生活スタイルに合わせて宅建の学習をしたい方にオススメです。