宅建を学ぶ方へ捧げる宅建 NAVI。全ては宅建 試験に合格するために!サイトマップ

宅建 NAVI > 権利関係 民法 > 物権:物権とは

権利関係 民法

物権:物権とは

物権の意味するところとは?

スポンサード リンク

物権とはそのままの意味で、物に対する権利のことをいいます。

例としては、建物の所有権がいい例です。 

また、物権の大きな特徴は、

・物を直接支配できること

他人を排除することができること

この2点です。

物権の設定及び移転は、当事者の意思表示のみによってその効力を生じます。つまり口約束でも成立可能ということです。

さらに物権には、占有権、所有権、抵当権などが挙げられます。

 

また、所有権は、他人の干渉によって、所有権の自由な支配が妨害されているときは、その妨害を排除するために、3種類の物権的請求権が認められています。

)験架祝廟禅畍

将来、物権侵害の生じる可能性が高い場合に、予防を請求することができる権利です。

具体例としては、隣人が土地を掘り下げたため、自分が所有する土地が崩れてしまう可能性があるから、「どうにか予防してくれ!」と請求したりすることができることをいいます。

∨験嫁喀請求権

所有者が、物を奪われる以外の方法で、物権の侵害が生じている場合に、妨害を排除するよう請求できる権利をいいます。

具体例としては、自分の土地にゴミが勝手に不法投棄されたため「ゴミをどけてくれ!」と請求できたりすることです。

J峇埓禅畍

所有者が、物を奪われたときに「返してくれ!」と請求できる権利です。

 

備考:宅建においてこの章の重要度は普通です。

 

スポンサード リンク

自分に合った宅建学習法を選ぼう

独学&短期合格を目指す(⇒詳細はこちら)
なかなか宅建の勉強をする時間が取れない方や、できるだけお金をかけずに合格したい方にオススメです。

通学で直に学ぶ(⇒詳細はこちら)
講師の方と実際にわからない点などを直接やりとりしながら着実に宅建の勉強したい方や、独学ではちょっと不安がある、という方にオススメです。

通信講座で自宅で学ぶ(⇒詳細はこちら)
時間や通学の手間などを気にせずに、自分の生活スタイルに合わせて宅建の学習をしたい方にオススメです。