宅建を学ぶ方へ捧げる宅建 NAVI。全ては宅建 試験に合格するために!サイトマップ

宅建 NAVI > 権利関係 民法 > 用益物権:入会権

権利関係 民法

用益物権:入会権

用益物権、最後は入会権の解説です。

スポンサード リンク

 

入会権とは、村落共同体(入会集団)が、一定の主として山林原野において、代木などの共同利用をできる権利です。

そして、入会権が認定された土地のことを入会地といいます。

 

また、今現在の形態としては、

(1)個人の利用を禁止し、入会集団が直接経営する直轄形態

(2)各構成員に利用区域を割り当てる分割利用形態

(3)入会集団が、利用者と契約し利用させる契約形態

これらのいずれか、または混同したものとなっています。

 

ちなみに入会地の管理方法としては、慣習に従い構成員による会議により行われますが、その議決方法、定足数等についても慣習によっています。

昔から存在しているものなので、現代とマッチしていない部分も見受けられ、最近では入会権の目的が経済的収益に重点を移していて、会計的な開示の必要性など、現代に適した改革が進んでいます。

 

備考:宅建において、この分野の重要度は低いです。

 

スポンサード リンク

自分に合った宅建学習法を選ぼう

独学&短期合格を目指す(⇒詳細はこちら)
なかなか宅建の勉強をする時間が取れない方や、できるだけお金をかけずに合格したい方にオススメです。

通学で直に学ぶ(⇒詳細はこちら)
講師の方と実際にわからない点などを直接やりとりしながら着実に宅建の勉強したい方や、独学ではちょっと不安がある、という方にオススメです。

通信講座で自宅で学ぶ(⇒詳細はこちら)
時間や通学の手間などを気にせずに、自分の生活スタイルに合わせて宅建の学習をしたい方にオススメです。