宅建を学ぶ方へ捧げる宅建 NAVI。全ては宅建 試験に合格するために!サイトマップ

宅建 NAVI > 権利関係 民法 > 物権変動:第三者の範囲

権利関係 民法

物権変動:第三者の範囲

第三者と物権変動における関係について解説していきます。

スポンサード リンク

 

まず、民法177条の「第三者は」、登記のないことを主張する正当な利益を有する者を意味しています。

では、それぞれの場合において解説していきましょう。

 

1.登記をしなければ対抗できない第三者の例

”堝飴困猟村攷

例えば、賃借人であるAさんが、自分が所有する建物を賃借人であるBさんに賃借していたが、その後、当該建物をCさんに売却してしまった場合、Cさんは、Bさんに対して登記がないと、所有権の取得を対抗することが出来ません

∈慌〆銚⊆

例えば、Aさんが自己所有の建物をBさんに売却した場合に、売却後に、Aさんの債権者のCさんが建物を差し押さえた時は、Bさんは、Cさんに対して、登記がないと、所有権の取得を主張することは出来ません

 

2.登記をしなくても対抗できる第三者の例

登記がないことを主張する正当な利益を有しない者として、

無権利者 不法占拠者 背信的悪意者 不動産登記法で定める者 相続人  不動産の前主

以上の6種類があります。

〔妓⇒者

無権利者とはその名の通り、権利を有しない者のことをいいます。

無権利者に対しては、登記なくして所有権を主張できます。

不法占拠者

不法占拠者には何ら権限はありません。

たとえ土地の売買をして買った先に不法占拠者がいても、一方的に所有権を主張することが出来ます。

G愎的悪意者

「背信的悪意者って何なの?」っていう質問が飛んできそうですね。

背信的悪意者とは、社会の秩序に反する目的で、契約を結ぶ人のことをいいます。

このような社会のルールを乱すような者は、保護に値せず、登記がないことを主張することが信義に反すると考えられます

だから、背信的悪意者に対しては登記をしなくても、土地の所有権を主張することが出来ます

ど堝飴催亠法に掲げる第三者

詐欺又は強迫によって、登記の申請を妨げた者は、登記がなくても対抗することが出来ます。

また、他人のために登記を申請する義務がある者は、原則として、依頼者に対して、登記がないことを主張することは出来ません。

つまり、依頼者は、得意がなくても、対抗することが出来るということですね。

チ蠡蛙

相続人が土地の売主という立場を相続した場合、その土地の買主は、その相続人に対して登記がなくても自己の所有権を主張できます。

ι堝飴困料絢

例えば、土地の譲渡が、Aさん→Bさん→Cさんという順序で行われた場合、まだAさんに登記があるとしても、AさんとCさんは前主後主の関係になるので、Cさんは、Aさんに対して、登記がなくても、自己の所有権を主張することが出来ます。

 

備考:宅建において、この章の重要は高めです。

 

 

スポンサード リンク

自分に合った宅建学習法を選ぼう

独学&短期合格を目指す(⇒詳細はこちら)
なかなか宅建の勉強をする時間が取れない方や、できるだけお金をかけずに合格したい方にオススメです。

通学で直に学ぶ(⇒詳細はこちら)
講師の方と実際にわからない点などを直接やりとりしながら着実に宅建の勉強したい方や、独学ではちょっと不安がある、という方にオススメです。

通信講座で自宅で学ぶ(⇒詳細はこちら)
時間や通学の手間などを気にせずに、自分の生活スタイルに合わせて宅建の学習をしたい方にオススメです。