宅建を学ぶ方へ捧げる宅建 NAVI。全ては宅建 試験に合格するために!サイトマップ

宅建 NAVI > 権利関係 民法 > 物権変動:重要な物権変動のパターン機兵莨辰靴氾亠)

権利関係 民法

物権変動:重要な物権変動のパターン機兵莨辰靴氾亠)

まず重要なパターンその1として、「取消しと登記」というものがあります。

スポンサード リンク

そして、取消しについては第三者が現れる前後で変わってきます。

 

ー莨蛋阿梁荵絢圓量簑

例えば、AさんがBさんに自分の土地を売って、その後BさんがCさんにその土地を売ったとします。しかし、AさんがBさんの詐欺を理由にBさんとの契約を取り消しました。

さてこの場合に関して言うと、Cさんが、Bさんの詐欺の事情について善意であれば、Aさんは、Cさんに対抗できません。

けれども、Cさんが悪意であるならば、AさんはCさんに対抗することが出来ます。

また、詐欺ではなく強迫の場合は別に善意でも悪意でも対抗できます。

ちなみに、悪意であろうが善意であろうが、登記の有無は問題となりません

 

⊆莨淡紊梁荵絢圓量簑

例えば、AさんがBさんに土地を売ったが、詐欺によりその契約を取り消し、そして、Bさんはその後にCさんに土地を売却し、Cさんは登記を備えたとします。

さて、つまり契約を取り消した後にBさんがCさんに土地を売買したということが,醗磴Δ錣韻任垢、この場合、Bさんを起点として、土地の二重売買が行われたことと一緒です。

ということで、この場合、早い者勝ちの法則で、先に登記を備えた方が、土地の所有権を主張することが出来ます。

上記の例でいうと、Cさんが土地の所有権を有することになります。

 

備考:宅建において、この章の重要度は高めです。

 

スポンサード リンク

自分に合った宅建学習法を選ぼう

独学&短期合格を目指す(⇒詳細はこちら)
なかなか宅建の勉強をする時間が取れない方や、できるだけお金をかけずに合格したい方にオススメです。

通学で直に学ぶ(⇒詳細はこちら)
講師の方と実際にわからない点などを直接やりとりしながら着実に宅建の勉強したい方や、独学ではちょっと不安がある、という方にオススメです。

通信講座で自宅で学ぶ(⇒詳細はこちら)
時間や通学の手間などを気にせずに、自分の生活スタイルに合わせて宅建の学習をしたい方にオススメです。