宅建を学ぶ方へ捧げる宅建 NAVI。全ては宅建 試験に合格するために!サイトマップ

宅建 NAVI > 権利関係 民法 > 物権変動:重要な物権変動のパターン検併効と登記)

権利関係 民法

物権変動:重要な物権変動のパターン検併効と登記)

最後は「時効と登記」についての物権変動を見ていきましょう。

スポンサード リンク

 

ー萋聖効完成前に現れた第三者との関係

Aさんが、Bさん所有の土地を善意無過失で占有を開始し、取得時効期間の10年が満了したところ、時効完成前にBさんがその土地をCさんに売却し、登録名義をCさんに移転してしまっていました。

この場合、Aさんは、所有権の時効取得をCさんに対抗できるでしょうか?

占有者は、時効完成前に現れた第三者に対しては、当事者類似の関係にあるため、登記なくして、時効による取得を主張できます。

したがって、Aさんは、Cさんに対して、登記なく土地の所有権の取得を主張できます。

 

∋効完成後に現れた第三者との関係

Aさんが、Bさん所有の土地を善意無過失で占有を開始し、時効期間の10年が満了したところ、時効完成後にBさんが土地をCさんに売却してしまいました。

この場合、Aさんは、時効による所有権の取得をCさんに対抗できるでしょうか?

占有者は、時効完成後に現れた第三者との関係は、二重譲渡が行われたのと同様の関係ですから、登記なく時効による取得を対抗することは出来ません。

したがって、Aさんは、Cさんに対して、登記なくして土地の所有権の取得を対抗できません。

 

備考:宅建において、この章の重要度は高めです。

 

スポンサード リンク

自分に合った宅建学習法を選ぼう

独学&短期合格を目指す(⇒詳細はこちら)
なかなか宅建の勉強をする時間が取れない方や、できるだけお金をかけずに合格したい方にオススメです。

通学で直に学ぶ(⇒詳細はこちら)
講師の方と実際にわからない点などを直接やりとりしながら着実に宅建の勉強したい方や、独学ではちょっと不安がある、という方にオススメです。

通信講座で自宅で学ぶ(⇒詳細はこちら)
時間や通学の手間などを気にせずに、自分の生活スタイルに合わせて宅建の学習をしたい方にオススメです。