宅建を学ぶ方へ捧げる宅建 NAVI。全ては宅建 試験に合格するために!サイトマップ

宅建 NAVI > 権利関係 民法 > 契約総則:解除・その効果

権利関係 民法

契約総則:解除・その効果

解除にはどのような効果があるか解説します。

スポンサード リンク

 

当事者の一方がその解除権を行使したときは、最初から、契約がなかったことになります。

例えば、不動産売買契約が解除されると、買主に移転していた所有権は、さかのぼって、売主に復帰します。

なお、売主がその復帰した所有権を第三者に対抗るためには、対抗要件を備えることが必要です。

売主が売買契約の解除をした後、買主が目的物を第三者に譲渡した場合、第三者と売主の関係は、対抗問題になります。

 

また、契約解除がなされると、最初から契約がなかったことになるので、各当事者は、互いに契約がなかった状態に戻す義務(原状回復義務)を負います。

この原状回復義務には、同時履行の抗弁権が付いてきます。

そして、原状回復義務によって金銭を返還するときは、その受領の時からの利息を付けなければなりません。

また、目的物の引渡しを受けていた人は、解除をするまでの間に、目的物を使用収益して得た利益を償還(=返還)すべき義務を負います。さらには、解除権を行使しても、損害賠償請求をすることもできます。

 

上記の内容が、解除の効果とそれに付随する事象の解説になります。

 

備考:宅建において、この章は重要度が高いです。

 

スポンサード リンク

自分に合った宅建学習法を選ぼう

独学&短期合格を目指す(⇒詳細はこちら)
なかなか宅建の勉強をする時間が取れない方や、できるだけお金をかけずに合格したい方にオススメです。

通学で直に学ぶ(⇒詳細はこちら)
講師の方と実際にわからない点などを直接やりとりしながら着実に宅建の勉強したい方や、独学ではちょっと不安がある、という方にオススメです。

通信講座で自宅で学ぶ(⇒詳細はこちら)
時間や通学の手間などを気にせずに、自分の生活スタイルに合わせて宅建の学習をしたい方にオススメです。