宅建を学ぶ方へ捧げる宅建 NAVI。全ては宅建 試験に合格するために!サイトマップ

宅建 NAVI > 権利関係 民法 > 賃貸借契約:賃借権の譲渡・目的物の転貸

権利関係 民法

賃貸借契約:賃借権の譲渡・目的物の転貸

まずは基礎の基礎である語義の確認からしていきましょう。

スポンサード リンク

 

そもそも転貸とは、目的物を第三者にまた貸しすることをいいます。 そして、また貸しされることを転借といいます。

そして、賃借人が、第三者に対してまた貸しする契約を転貸借契約といいます。

ここで、まずは事例を一つ。

Aさん所有の建物について、AさんとBさんとの間で賃貸借契約が結ばれました。その後、BさんはCさんに対して、目的物であるその建物の賃借権を譲渡し、またはその建物を転貸したとします。

さて、この文章の中での登場人物はAさん、Bさん、Cさんの3人です。

それぞれの立場を見ていくと、

Aさん:賃貸人

Bさん:賃借人、譲渡人、転貸人

Cさん:譲受人:転借人

ということになります。

Bさんなんて3つの役割があって、「なにこれ?」と思われるかもしれませんが、大したことはありません。要は、Aさんから借りたから賃借人、そしてCさんにまた貸しした、または賃借権を譲渡したから、転貸人または譲渡人。はい、これだけのことです。

 

では、ここでの章の本題は「賃借権の譲渡・目的物の転貸」ですが、果たして、この2つの違いとはなんなのでしょうか?

それは賃借人、すなわちBさんが、譲渡、転貸後も、依然として賃借人の地位にとどまるかという点にあります。

そして、2つの場合における答えは、下記のようになっています。

賃借人の譲渡:とどまらない

目的物の転貸;とどまる

譲渡ということは、もはや賃借人ではなくなってしまい、例で言うとAさんとCさんの関係になるのですが、一方転貸つまりまた貸しをしただけだと、あくまで目的物を第三者に貸しただけであって、賃貸人と賃借人、すなわちAさんとBさんの関係は続くということになります。

 

備考:宅建において、この章は基本みたいなものですので、しっかり覚えましょう。

 

スポンサード リンク

自分に合った宅建学習法を選ぼう

独学&短期合格を目指す(⇒詳細はこちら)
なかなか宅建の勉強をする時間が取れない方や、できるだけお金をかけずに合格したい方にオススメです。

通学で直に学ぶ(⇒詳細はこちら)
講師の方と実際にわからない点などを直接やりとりしながら着実に宅建の勉強したい方や、独学ではちょっと不安がある、という方にオススメです。

通信講座で自宅で学ぶ(⇒詳細はこちら)
時間や通学の手間などを気にせずに、自分の生活スタイルに合わせて宅建の学習をしたい方にオススメです。