宅建を学ぶ方へ捧げる宅建 NAVI。全ては宅建 試験に合格するために!サイトマップ

宅建 NAVI > 権利関係 民法 > 不法行為:不法行為

権利関係 民法

不法行為:不法行為

まず、不法行為の概要から知っていきましょう。

スポンサード リンク

 

1.不法行為制度とは

そもそも、不法行為制度とは、他人(=加害者)から法律上の理由もなく、被害者が損害を加えられたときに、その損害を賠償してもらうことをいいます。

これはあくまで、契約を結んでいるかなどは関係ありません(債務不履行での損害賠償は契約した当事者間のことでしたよね)。

そして、この制度の趣旨は、被害者の救済および損害の公平な分担にあります。

 

2.不法行為の主な要件

では、加害者が損害を賠償してもらうのに必要な要件とは?

それは加害者が責任能力を持つことです

責任能力とは、加害者に不法行為責任を負わせるために、法律上要求される能力のことです。つまり、自分の行為が不法であって、責任が発生することを理解できる能力と言っていいでしょう。

しかし、加害者が一時的な責任無能力状態であっても、それが加害者自身の故意または過失によるものならば、賠償責任を負うことになります。

例を挙げると、飲酒運転での事故がわかりやすいかと思います。

この場合、酒を飲んで泥酔してしまってのことなので、加害者の故意または過失と言えます。

ちなみに、損害賠償の内容は、原則として金銭賠償です。

そして、賠償の対象には、財産的損害のみならず、精神的損害も含みます。

 

備考:宅建におけるこの章の重要度は高いです。

 

スポンサード リンク

自分に合った宅建学習法を選ぼう

独学&短期合格を目指す(⇒詳細はこちら)
なかなか宅建の勉強をする時間が取れない方や、できるだけお金をかけずに合格したい方にオススメです。

通学で直に学ぶ(⇒詳細はこちら)
講師の方と実際にわからない点などを直接やりとりしながら着実に宅建の勉強したい方や、独学ではちょっと不安がある、という方にオススメです。

通信講座で自宅で学ぶ(⇒詳細はこちら)
時間や通学の手間などを気にせずに、自分の生活スタイルに合わせて宅建の学習をしたい方にオススメです。