宅建を学ぶ方へ捧げる宅建 NAVI。全ては宅建 試験に合格するために!サイトマップ

宅建 NAVI > 権利関係 民法 > 相続:法定相続分

権利関係 民法

相続:法定相続分

次は相続する分についての解説です。

スポンサード リンク

これはいくつかの場合分けが必要なので、それぞれ見ていきましょう。

 

1.配偶者と子が相続する場合

この場合、子と配偶者の割合は1:1、つまり半分ずつ相続します。

しかし、この子の相続分というのは、子全員を合わせてのものなので、子が複数人いるときは、さらに子の数で相続分をわけることになります。

ここで注意する点があります。

それは、実子・胎児・養子・非嫡出子の全てが平等に相続はできないということです

その比率は、全体を6とすると、

実子:胎児:養子:非嫡出子=2:2:1:1

となっています。

例えば、妻、子A、子B、子C(非嫡出子)で2,400万円を相続すると、

妻:1,200万円 子A:480万円 子B:480万円 子C:240万円

という割り当てになります。

 

2.配偶者と直系尊属が相続する場合

この場合の割合は、

配偶者:直系尊属=2:1

となります。

さらに、直系尊属が複数人いるときは、全体の1/3をさらにその頭数で割ります。

 

3.配偶者と兄弟姉妹が相続する場合

この場合の割合は、

配偶者:兄弟姉妹=3:1

となります。

兄弟姉妹が複数人の場合は、その頭数で全体の1/4を割ります。

しかし、父母の一方が異なる兄弟姉妹の相続分は、父母を双方同じくとする兄弟姉妹の半分となります。

 

備考:宅建においてこの章はは重要で、やたらと比率がややこしいですが、それぞれの場合を整理しながら覚えていきましょう。

 

スポンサード リンク

自分に合った宅建学習法を選ぼう

独学&短期合格を目指す(⇒詳細はこちら)
なかなか宅建の勉強をする時間が取れない方や、できるだけお金をかけずに合格したい方にオススメです。

通学で直に学ぶ(⇒詳細はこちら)
講師の方と実際にわからない点などを直接やりとりしながら着実に宅建の勉強したい方や、独学ではちょっと不安がある、という方にオススメです。

通信講座で自宅で学ぶ(⇒詳細はこちら)
時間や通学の手間などを気にせずに、自分の生活スタイルに合わせて宅建の学習をしたい方にオススメです。