宅建を学ぶ方へ捧げる宅建 NAVI。全ては宅建 試験に合格するために!サイトマップ

宅建 NAVI > 宅建業法 開業規制 > 免許証の交付など

宅建業法 開業規制

免許証の交付など

具体的な免許の交付などについて見ていきましょう。

スポンサード リンク

 

1.免許の条件

宅建業の適正な運営ならびに宅地・建物の取引の公正を確保することを目的として、免許に条件を付し、免許に一定の制限を加えることができます。

 

2.免許証の交付など

国土交通大臣または都道府県知事は免許をしたときは、免許証を交付しなければなりません。

 

3.宅建業者名簿

(1)宅建業者の備え付け場所

々馘攜鯆名

都道府県

(2)宅建業者名簿の登載事項

〔筏証番号・免許年月日

商号または名称

法人の場合:その役員・政令使用人の指名

個人の場合:その者・政令使用人の氏名

事務所の名称所在地

事務所ごとに置かれる専任の取引主任者の氏名

Ъ莪一任代理などの認可を受けているときは、その旨および認可の年月日

┐修梁松蔑瓩把蠅瓩觧項

(3)宅建業者名簿の変更の届出

上記の ↓А↓┛奮阿吠儿が生じた場合は、免許権者へ、30日以内に届出をしなければなりません。

(4)宅建業者名簿の閲覧

国土交通大臣または都道府県知事は、宅建業者名簿などを一般の閲覧に供しなければなりません。

 

4.免許証の記載事項に変更が生じたとき

免許証の記載事項に変更が生じたときは、その免許証を添え、宅建業者名簿の変更の届出とあわせて、免許権者に対して、免許証の書き換え交付申請をしなければなりません。

 

5.免許証を亡失・滅失・汚損・破損したとき

免許証を亡失・滅失・汚損・破損したときは、遅滞無く、免許権者に対して、免許証の再交付を申請することができます。

なお、免許証を汚損、破損した場合には、その汚損・破損した免許証を添えて申請しなければなりません。

 

6.免許証の返納

宅建業者は、廃業したり、免許の取消処分を受けたときは、遅滞無く、免許権者に免許を返納しなければなりません。

 

備考:宅建において免許の内容は頻出ですので、しっかり学習しましょう。

 

 

スポンサード リンク

自分に合った宅建学習法を選ぼう

独学&短期合格を目指す(⇒詳細はこちら)
なかなか宅建の勉強をする時間が取れない方や、できるだけお金をかけずに合格したい方にオススメです。

通学で直に学ぶ(⇒詳細はこちら)
講師の方と実際にわからない点などを直接やりとりしながら着実に宅建の勉強したい方や、独学ではちょっと不安がある、という方にオススメです。

通信講座で自宅で学ぶ(⇒詳細はこちら)
時間や通学の手間などを気にせずに、自分の生活スタイルに合わせて宅建の学習をしたい方にオススメです。