宅建を学ぶ方へ捧げる宅建 NAVI。全ては宅建 試験に合格するために!サイトマップ

宅建 NAVI > 宅建業法 開業規制 > 専任の取引主任者の設置

宅建業法 開業規制

専任の取引主任者の設置

専任の取引主任者を設置することは宅建業を営む上で必要不可欠です。

スポンサード リンク

 

1.専任の取引主任者の設置

専任の取引主任者になるためには、2つの条件が存在します。

\年であること

未成年者は、原則として専任の取引主任者になることはできません。

しかし例外もあります。

婚姻をしている未成年者か、親権者等の法定代理人から宅建業の営業の許可を得た未成年者が、自らを主として業務に従事する事務所等については、未成年者であっても専任の取引主任者になることができます。

∪貲い任△襪海

専任とは、事務所等に常勤し、宅建業者の業務に従事する状態のことをいいます。

他の事務所と掛け持ちしたり、他の仕事の片手間に取引主任者の事務を行っている場合は、専任とは言えません。

 

2.専任の取引主任者の設置人数

事務所では、宅建業の業務に従事する者の数に対する取引主任者の割合が、5人に1人以上になるように設置しなければなりません。

一方、専任の取引主任者を設置すべき案内所等には、業務に従事する人数に関係なく、1人以上の専任の取引主任者が存在していればいいことになっています。

 

3.専任の取引主任者の数が法定数に不足する場合

宅建業者は、そもそも専任の取引主任者数が法定数に満たない事務所等を開設してはいけません。

また、既存の事務所等において、専任の取引主任者の数に不足が生じた場合は、2週間以内に補充などの必要な措置をとらなければなりません。

 

備考:この章は宅建において重要です。以前の章にも解説した内容がありましたが、ここでもう一度見ることで、繰り返し学習をして頭に入れていきましょう。

 

スポンサード リンク

自分に合った宅建学習法を選ぼう

独学&短期合格を目指す(⇒詳細はこちら)
なかなか宅建の勉強をする時間が取れない方や、できるだけお金をかけずに合格したい方にオススメです。

通学で直に学ぶ(⇒詳細はこちら)
講師の方と実際にわからない点などを直接やりとりしながら着実に宅建の勉強したい方や、独学ではちょっと不安がある、という方にオススメです。

通信講座で自宅で学ぶ(⇒詳細はこちら)
時間や通学の手間などを気にせずに、自分の生活スタイルに合わせて宅建の学習をしたい方にオススメです。