宅建を学ぶ方へ捧げる宅建 NAVI。全ては宅建 試験に合格するために!サイトマップ

宅建 NAVI > 宅建業法 業務上の規制 > 8種類制限とは

宅建業法 業務上の規制

8種類制限とは

8種類制限について解説します。

スポンサード リンク

 

1.宅建業者に課した趣旨

民法の原則からいえば、契約は当事者間でどのような内容を定めても事由であり、これは、宅建業の取引にも妥当するはずです。

しかし、宅建業者が売主で、買主が宅建業者以外の一般市民であるような取引の場合には、不動産取引に関する経験や知識の違いから、宅建業者に有利な契約が締結されてしまうことも少なくありません。

そこで、一般購入者の保護を図るため、宅建業者が自ら売主として、一般購入者と売買契約を締結する場合には、宅建業者に一定の規定を加えることにしました。

その制約の種類が全部で8つあるので、一般に8種類制限と呼ばれています。

つまり、一般購入者と宅建業者を対等な立場に置くわけです。

 

2.適用範囲

宅建業者が売主で、買主が宅建業者以外の一般購入者である場合に、存在する力量の差を考えてバランスを取ろうとするのであれば、宅建業者相互間の取引の場合には、いわばプロ同士であり、配慮は無用となります。

また、宅建業者が自ら買主となる取引でも、業者はプロの目で買うのですkら、やはり配慮は無用です。

したがって、自ら売主8種類制限の規定は、宅建業者が売主で、買主が一般購入者の場合にのみ適用されます。

よって、

‖襍業者相互間の取引

宅建業者が交換の当事者になる場合

B襍業者が代理、媒介によって取引に介入する場合

これらの場合には8種類制限は適用されません。

 

3.規制の方法

8種類の方法については以下の通りです。

.ーリング・オフ制度

損害賠償額の予定などの制限

手付け額の制限など

む赱喘簡歙嫻い砲弔い討瞭談鵑寮限

ゼ己所有に属さない物件の売買契約締結の制限

手付金等の保全措置

宅地・建物の割賦販売特約の解除などの制限

┰衢権留保などの禁止

それぞれについて、次の章から詳しく説明していきます。

 

備考:宅建においてこの章の重要度は高いです。

 

スポンサード リンク

自分に合った宅建学習法を選ぼう

独学&短期合格を目指す(⇒詳細はこちら)
なかなか宅建の勉強をする時間が取れない方や、できるだけお金をかけずに合格したい方にオススメです。

通学で直に学ぶ(⇒詳細はこちら)
講師の方と実際にわからない点などを直接やりとりしながら着実に宅建の勉強したい方や、独学ではちょっと不安がある、という方にオススメです。

通信講座で自宅で学ぶ(⇒詳細はこちら)
時間や通学の手間などを気にせずに、自分の生活スタイルに合わせて宅建の学習をしたい方にオススメです。