宅建を学ぶ方へ捧げる宅建 NAVI。全ては宅建 試験に合格するために!サイトマップ

宅建 NAVI > 宅建業法 業務上の規制 > 8種類制限:損害賠償額の予定などの制限

宅建業法 業務上の規制

8種類制限:損害賠償額の予定などの制限

損害賠償額の予定などの制限とはどんなものなのか解説します。

スポンサード リンク

 

1.規定の趣旨

民法では、損害賠償額の予定や違約金につき、その額については何ら制限を設けていません。

よって原則として、当事者間で自由に設定できるはずです。

しかし、これらの金額を上限無く設定できるとすると、宅地・建物の売買契約において債務不履行があった場合、あまりに高額な負担を一般購入者に強いることになりかねません。

そこで、宅建業法は、損害賠償額の予定や違約金の額に制限を設けました。

 

2.制限の内容

‘睛

宅建業者が、自ら売主となる宅地・建物の売買契約において、当事者の債務不履行を理由とする契約の解除に伴う損害賠償額を予定し、または違約金を定める場合、これらを合算した額が、代金額の20%を超えてはなりません

 

特約の制限

,飽稟燭垢詁談鵑蓮代金額の20%を超える部分についてのみ無効になります。

 

備考:宅建においてこの章は重要です。

 

スポンサード リンク

自分に合った宅建学習法を選ぼう

独学&短期合格を目指す(⇒詳細はこちら)
なかなか宅建の勉強をする時間が取れない方や、できるだけお金をかけずに合格したい方にオススメです。

通学で直に学ぶ(⇒詳細はこちら)
講師の方と実際にわからない点などを直接やりとりしながら着実に宅建の勉強したい方や、独学ではちょっと不安がある、という方にオススメです。

通信講座で自宅で学ぶ(⇒詳細はこちら)
時間や通学の手間などを気にせずに、自分の生活スタイルに合わせて宅建の学習をしたい方にオススメです。