宅建を学ぶ方へ捧げる宅建 NAVI。全ては宅建 試験に合格するために!サイトマップ

宅建 NAVI > 問題および解答解説 > 宅建試験対策問題:第16回

問題および解答解説

宅建試験対策問題:第16回

スポンサード リンク

1.相手方の詐欺によって家屋を売却した者が、後にその売買契約を取り消した場合、家屋の所有権は取消しの時点で相手方から復帰する。

 

2.A土地をB土地と勘違いして買い受けた者が、後にこれに気づいたが、むしろA土地のほうがよかったと思ってその売買契約を追認しても、当該契約は何ら効力を生じない。

 

3.第三者の強迫によって自動車を贈与した場合、受贈者もその贈与契約を取り消すことができる。

 

○か×か考えましたら、画面をスクロールして解答をチェックしてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

【解答解説】

1.×

取り消し得る行為が取り消された場合、一応発生していたその行為の効力は初めにさかのぼって消滅する。よって、詐欺による家屋の売買契約を取り消したときは、その家屋の所有権は初めから誰にも移転していなかったことになるのであって、取消しの時点で相手方から復帰するのではない。

 

2.○

A土地をB土地と勘違いして買い受けた場合、その売買契約は要素に錯誤があるので無効である。よって、これを追認しても当該契約は何ら効力を生じない。

 

3.×

取消しの主張は法廷の者に限ってすることができる。この点、強迫による行為の取消権者は、その強迫によって瑕疵ある意思表示をした者またはその承継人もしくは代理人に限られ、意思表示の相手方に取消権はない。

 

スポンサード リンク

自分に合った宅建学習法を選ぼう

独学&短期合格を目指す(⇒詳細はこちら)
なかなか宅建の勉強をする時間が取れない方や、できるだけお金をかけずに合格したい方にオススメです。

通学で直に学ぶ(⇒詳細はこちら)
講師の方と実際にわからない点などを直接やりとりしながら着実に宅建の勉強したい方や、独学ではちょっと不安がある、という方にオススメです。

通信講座で自宅で学ぶ(⇒詳細はこちら)
時間や通学の手間などを気にせずに、自分の生活スタイルに合わせて宅建の学習をしたい方にオススメです。