宅建を学ぶ方へ捧げる宅建 NAVI。全ては宅建 試験に合格するために!サイトマップ

宅建 NAVI > 問題および解答解説 > 宅建試験対策問題:第2回

問題および解答解説

宅建試験対策問題:第2回

スポンサード リンク

1.宅建業の免許は1種類のみである。

 

2.宅建業の免許の申請方法としては、都道府県知事が免許権者の場合には、直接知事に申請書類を提出するが、国土交通大臣が免許権者の場合には、直接提出することはできず、主たる事務所の所在地を管轄する都道府県知事を経由して提出する。

 

3.宅建業の免許の有効期間は5年であり、更新しない限り、その効力を失う。

 

 

○か×か考えましたら、画面をスクロールして解答をご覧ください。

 

 

 

 

 

 

【解答解説】

1.×

基本的に宅建業の免許は2種類です。

a. 都道府県知事免許(1つの都道府県の区域内のみに事務所)

b. 国土交通大臣免許(2つ以上の都道府県の区域内に事務所)

この場合、たとえ事務所が4つあったとしても、全て同じ都道府県にある場合は都道府県知事免許となりますので、あくまで事務所の数の問題ではないことに注意しましょう。

 

2.○

問題文の通りの内容となっています。

これは、主たる事務所が置かれている都道府県知事も、申請に関する情報を把握しておく必要があるので、都道府県知事にも書類が回るようにしたものです。

 

3.○

問題文の通りの内容となっています。

 

スポンサード リンク

自分に合った宅建学習法を選ぼう

独学&短期合格を目指す(⇒詳細はこちら)
なかなか宅建の勉強をする時間が取れない方や、できるだけお金をかけずに合格したい方にオススメです。

通学で直に学ぶ(⇒詳細はこちら)
講師の方と実際にわからない点などを直接やりとりしながら着実に宅建の勉強したい方や、独学ではちょっと不安がある、という方にオススメです。

通信講座で自宅で学ぶ(⇒詳細はこちら)
時間や通学の手間などを気にせずに、自分の生活スタイルに合わせて宅建の学習をしたい方にオススメです。