宅建を学ぶ方へ捧げる宅建 NAVI。全ては宅建 試験に合格するために!サイトマップ

宅建 NAVI > 問題および解答解説 > 宅建試験対策問題:第43回

問題および解答解説

宅建試験対策問題:第43回

スポンサード リンク

1.ある土地について、所有権と地上権が同一人に帰属したときは、原則として、地上権は消滅する。

 

2.1番抵当権と2番抵当権の目的となっている土地の所有者から、1番抵当権が目的物を買い受けた場合は、1番抵当権は消滅しない。

 

○か×か考えましたら、画面をスクロールして解答をチェックしてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【解答解説】

1.○

混同の解説文です。

 

2.○

1番抵当権が上昇してしまうと、2番抵当権はその順位を1番に上げてしまうので、土地を買い受けた者が予想もしない損害をうけることになるというのが消滅しない理由です。

 

スポンサード リンク

自分に合った宅建学習法を選ぼう

独学&短期合格を目指す(⇒詳細はこちら)
なかなか宅建の勉強をする時間が取れない方や、できるだけお金をかけずに合格したい方にオススメです。

通学で直に学ぶ(⇒詳細はこちら)
講師の方と実際にわからない点などを直接やりとりしながら着実に宅建の勉強したい方や、独学ではちょっと不安がある、という方にオススメです。

通信講座で自宅で学ぶ(⇒詳細はこちら)
時間や通学の手間などを気にせずに、自分の生活スタイルに合わせて宅建の学習をしたい方にオススメです。