宅建を学ぶ方へ捧げる宅建 NAVI。全ては宅建 試験に合格するために!サイトマップ

宅建 NAVI > 問題および解答解説 > 宅建試験対策問題:第52回

問題および解答解説

宅建試験対策問題:第52回

スポンサード リンク

1.Dさんが死亡し、AさんとBさんが土地を共同相続したところ、Bさんが、無断でその土地について自己名義した上で、その土地をCさんに渡し、登記も移転した場合、Aさんは、Cさんに対して、登記なくして自分の持分を主張することはできない。

 

2.Dさんが死亡し、共同相続人AさんおよびBさんの遺産分割協議によって、Aさんが、土地を単独で所有することになったものの、その登記をしないでいたところ、Bさんが、自己の持分をCさんに譲渡しCさん名義の登記がなされた場合、Aさんは、Cさんに対して、登記なくして主張することはできない。

 

3.Aさんが、Bさん所有の土地の占有を開始し、時効完成後にBさんがその土地をCさんに売却し、登記をCさん名義に移転した場合、Aさんは、登記なくして所有権の時効取得をCに主張できる。

 

○か×か考えましたら、画面をスクロールして解答をチェックしてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【解答解説】

1.×

Bさんは、Aさんの持分について侵害することはできないため、Bさんからの譲渡人Cさんは、Aさんの持分について無権利者と言うことができ、Aさんは、登記を必要とせずにCさんに対して主張することができる。

 

2.○

遺産分割による物権の取得は登記しなければ第三者に対抗できない。

 

3.×

AさんとCさんとは、対抗関係に立つため、Aさんは、登記なくして所有権の時効取得を主張することはできない。
 

 

スポンサード リンク

自分に合った宅建学習法を選ぼう

独学&短期合格を目指す(⇒詳細はこちら)
なかなか宅建の勉強をする時間が取れない方や、できるだけお金をかけずに合格したい方にオススメです。

通学で直に学ぶ(⇒詳細はこちら)
講師の方と実際にわからない点などを直接やりとりしながら着実に宅建の勉強したい方や、独学ではちょっと不安がある、という方にオススメです。

通信講座で自宅で学ぶ(⇒詳細はこちら)
時間や通学の手間などを気にせずに、自分の生活スタイルに合わせて宅建の学習をしたい方にオススメです。