宅建を学ぶ方へ捧げる宅建 NAVI。全ては宅建 試験に合格するために!サイトマップ

宅建 NAVI > 問題および解答解説 > 宅建試験対策問題:第69回

問題および解答解説

宅建試験対策問題:第69回

スポンサード リンク

1.遺留分は、相続開始前に本人の意思で放棄をすることができる。

 

2.共同相続人の1人が遺留分を放棄しても、他の共同相続人の遺留分には影響を及ぼすことはなく、相続人の相続分にも影響を及ぼさない。

 

3.遺留分減殺請求権とは、遺贈及び相続開始前の1年間になされた贈与の効力を、遺留分を侵害する範囲で否定する権利のことを指す。

 

○か×か考えましたら、画面をスクロールして解答をチェックしてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【解答解説】

1.×

本人の意思ではなく、家庭裁判所の許可を得ないといけません。

 

2.○

問題文の通りです。

 

3.○

問題文の通りです。

 

スポンサード リンク

自分に合った宅建学習法を選ぼう

独学&短期合格を目指す(⇒詳細はこちら)
なかなか宅建の勉強をする時間が取れない方や、できるだけお金をかけずに合格したい方にオススメです。

通学で直に学ぶ(⇒詳細はこちら)
講師の方と実際にわからない点などを直接やりとりしながら着実に宅建の勉強したい方や、独学ではちょっと不安がある、という方にオススメです。

通信講座で自宅で学ぶ(⇒詳細はこちら)
時間や通学の手間などを気にせずに、自分の生活スタイルに合わせて宅建の学習をしたい方にオススメです。