宅建を学ぶ方へ捧げる宅建 NAVI。全ては宅建 試験に合格するために!サイトマップ

宅建 NAVI > 権利関係 > 民法

権利関係

民法

民法はとても範囲の広い科目で、その範囲からまんべんなく出題される傾向があります。

幅広い知識が要求されますが、基本的に頻出される分野というのは決まっています。

スポンサード リンク

 

民法というのは、総則物権債権親族相続の5つの分野で構成されています。

そしてそれぞれに重要なポイントがあります。 

それを以下の通りにまとめてみました。

 総則 自然人の制限行為能力者制度、意思表示、代理、時効
 物権 抵当権
 債権 債務不履行、解除、保証、連帯債務、売買契約、賃貸借契約
 親族 特になし 
 相続 全範囲

これらがおおまかな頻出分野となります。

 

民法の分野からは、例年、約12問出題されます。

 

 

勉強方法としては、まずは軽く一通り読んで理解することが大事だと考えます。

その後、頻出分野を中心に問題数をこなして、精度を上げていくのがベストでしょう。

 

 

 

 

スポンサード リンク

自分に合った宅建学習法を選ぼう

独学&短期合格を目指す(⇒詳細はこちら)
なかなか宅建の勉強をする時間が取れない方や、できるだけお金をかけずに合格したい方にオススメです。

通学で直に学ぶ(⇒詳細はこちら)
講師の方と実際にわからない点などを直接やりとりしながら着実に宅建の勉強したい方や、独学ではちょっと不安がある、という方にオススメです。

通信講座で自宅で学ぶ(⇒詳細はこちら)
時間や通学の手間などを気にせずに、自分の生活スタイルに合わせて宅建の学習をしたい方にオススメです。