宅建を学ぶ方へ捧げる宅建 NAVI。全ては宅建 試験に合格するために!サイトマップ

宅建 NAVI > 税・実務など > 価格の評定

税・実務など

価格の評定

宅建主任者試験において、この分野は出題される内容によって、難易度が激変します。

スポンサード リンク

 

一般的に、この分野では、地価公示法、または、不動産鑑定評価基準のどちらかが出題される傾向にあります。

そして、例年約1問の出題数となっています。

 

地価公示法の内容は非常に簡単なので、出題されたら完璧に得点できるようにしておくべきでしょう。

しかし、不動産鑑定評価基準の方が出題された場合、得点するのは非常に難しくなってしまいます。

けれども、難しいからといって、なにも対策を立てないことは避けましょう。

対策としては、

_甬醋笋鬚靴辰り解くこと

改正点を押さえておくこと

この2つを実行することが、一番効率的な勉強につながると考えられます。

どちらかというと、,鮗孫圓垢襪曚Δいいと思います。

 

スポンサード リンク

自分に合った宅建学習法を選ぼう

独学&短期合格を目指す(⇒詳細はこちら)
なかなか宅建の勉強をする時間が取れない方や、できるだけお金をかけずに合格したい方にオススメです。

通学で直に学ぶ(⇒詳細はこちら)
講師の方と実際にわからない点などを直接やりとりしながら着実に宅建の勉強したい方や、独学ではちょっと不安がある、という方にオススメです。

通信講座で自宅で学ぶ(⇒詳細はこちら)
時間や通学の手間などを気にせずに、自分の生活スタイルに合わせて宅建の学習をしたい方にオススメです。