宅建を学ぶ方へ捧げる宅建 NAVI。全ては宅建 試験に合格するために!サイトマップ

宅建 NAVI > 税・実務など > 実務

税・実務など

実務

宅建主任者試験において、この分野からは約3問出題されています。

それぞれが違う分野ですので、それぞれに効率的な学習方法が存在します。

スポンサード リンク

 

まず一つめは、統計からの出題です。

この分野で必要な知識としては以下のようなものが挙げられます。

|浪糎示

⊃得攴斬霖綛戸数

E效惑鮟

そ斬陝ε效賄計調査

ヂ襍取引業者数

β襍取引主任者登録者数

Щ慊衫通機構の状況など

統計という分野は、学習重要度が低いため、宅建主任者試験の直前に学習すれば十分事足りると思われます。

 

二つめは、景品表示法からの出題です。

この法律は、一般消費者の利益を保護するためのものです。

この分野では、特にこれといった学習方法はありません。

ということは、地道ですが、丁寧な暗記の作業ということですね。

ただし、過去問を解いておくと、案外楽に得点できることが多いみたいです。

 

三つめは、住宅金融公庫からの出題です。

この分野からは、主に業務の内容について問われることが多いです。

基本的事項についてはしっかり学習しておくのがいいと思われます。

 

以上の3つの分野からの出題となります。

確かに量が多い分野ですが、得点できるところで取っておかないと、宅建主任者試験の合格が遠のいてしまいます。

 

スポンサード リンク

自分に合った宅建学習法を選ぼう

独学&短期合格を目指す(⇒詳細はこちら)
なかなか宅建の勉強をする時間が取れない方や、できるだけお金をかけずに合格したい方にオススメです。

通学で直に学ぶ(⇒詳細はこちら)
講師の方と実際にわからない点などを直接やりとりしながら着実に宅建の勉強したい方や、独学ではちょっと不安がある、という方にオススメです。

通信講座で自宅で学ぶ(⇒詳細はこちら)
時間や通学の手間などを気にせずに、自分の生活スタイルに合わせて宅建の学習をしたい方にオススメです。